個人事業主の悩み

【職人は経営者にはなれない?】

以前に飲食店を経営していた私は、料理人でありながら料理に集中する事が出来ませんでした。

自分でお店を運営するという事は当然、お金の管理もしなければなりません。料理だけ作って経営が成り立つのであれば誰でも成功してしまいます。それでしたら他で雇われて毎月決まったお給料をもらえば良い事です。

自営で商売をするという事は全て自分の考えで好きな様にできる事と売上も全て自分のものになる事にメリットはあります。ですが同時に、その責任も全て自分にあるという事実です。

客が入りそれなりにお金を使ってもらえれば、それなりに自分のやりたい料理にも力が入るかもしれませんが、反対に客が全く来ず仕込んでおいた料理がほとんどロスになり、それでもいつ来るか分からない客の為に料理を仕込みまたロスになる…

こうならない為にも、どう集客するかや1度来た客を如何に次につなげるかなど、料理以外の仕事は山ほどあるわけです。

最も悩みの種は私に限らず、世の経営者の方の多くは、やはり資金繰りではないでしょうか。

毎月の儲けを出す為の自営というよりは、毎月の経費を支払う為に自営をされている方もこの時代には決して少なくない事と思います。

仕事の技術はもちろん、経営センスも大きく問われるこのご時世、しっかり腰を据えて取り組まなければなりません。

【収入を増やしたいのに思うように増えないです】

ベンチャー企業を始めて間もないのですが、資金的に本当に苦労しています。収入がなかなか思うように伸びないのに、支出ばかりが増えていきます。小人数で、生産、開発、販売、総務すべてを行う必要がありてんてこまいの日々です。

金融機関からの借り入れもあり、借りたのはいいのですが、返済がこれからずっと続いていく状況です。家族からはいったいいつになったら生活が楽になるのかと言われますが、まだ先が見えない状況です。

うまく行っている企業は、ラッキーな機会に恵まれたり、堅実な経営をされて来ているのだと思いますが、私の会社はまだまだ、思うように行っていません。そうかと行って全くうまくいっていないかというと、そうではなく、やはり努力が実り売り上げにつながったものもあります。

それでも、収支の均衡が全く合わず、どこかから資金を調達して投入するか、大逆転を狙って何か手を打つしかない状況です。

毎月、今月が超えられるのかという不安にかられながら、なんとか月を超えてきているのが今の現状ですが、今月はもうだめかもしれないと思っています。

いずれにしても、この事業は辞めるべきか続けるべきか判断ができない昨今ですが、中途半端でなく、私に神様は選択を迫っているのかもしれません。

どうなるか分からないのが個人事業主でもあり、私は引越し費用すら払えずにローンを利用したような暗い時期もありました。参考文献:引っ越し費用ローン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です