日本麻

日本では太古の昔から、麻は、衣食住やエネルギーといった必需品等の原料として全国で広く使われ、その需要を満たすため全国で栽培されてきました。

また祭祀や神具に利用されるなど、日本人の精神文化の根幹にも深く関わってきました。特に神道の神事は本来は麻がなくては成り立ちません。

しかし、それらは次第に海外から導入された化学製品等にとって替わられていき衰退の一途を辿ってきました。今ではわずかに五十数名の麻農業従事者がいることを除いては国産の麻の栽培は皆無に近い状態になってしまっています。

ところが視点を海外に向けてみると、90年代の中頃から欧米を中心に麻(Hemp)を見直す動きが活発に広がり、現在では欧米、中国、韓国を含めた多くの国で衣食住エネルギーや紙、プラスティックから医療に至るまで、その素材、原料として広範に利用されるようになってきており、世界的な麻の栽培も広がってきています。

ひとつの植物で広範な分野に活用できる麻は、石油の代替としてバイオマス資源の象徴的な存在です。

麻を古来より伝統的に利用してきたこの国で、この植物の栽培や利用がなされない現状からシフトし、地球生態系との共生社会創生の中心的な役割を担っていくことを確信し、普及に努めてまいります。

私たちは、限りある石油化学製品や木材資源に代替できる、循環型の植物資源である麻の産業及びその文化の復興を実現します。

同時に、化学医療品等にかわる麻の新しい可能性を追求し実現させていくことにより、閉塞感に満ちたこの国に希望ある新たな息吹を吹き込みます。

また、今にも失われようとしている、古代から続く日本の麻の伝統技術、文化を保存継承し持続可能な仕組み創りを未来に繋いでいくことは、この時代この国に生まれた私たちの未来に対しての責務と考えます。

この度、特定非営利活動促進法に基づく法人格を取得することにより、現在の活動基盤をさらに充実させます。

麻の伝統の保持継承を図り、新産業の振興を図る事業を行い、いのちを繋いでいける持続可能な社会創りに寄与することを目的として本法人を設立いたします。

奈良県には由緒ある神社が多くあり、今もなお麻の繊維が使われております。

 

素晴らしい日本製

「made in Japan」製品は、世界に誇れるものばかりですよね。この麻の伝統技術も本当に素晴らしいと思います。

他にも日本ならではの製品や技術などたくさんありますもんね。

医療技術も日本は素晴らしいと思います。日本人は繊細で器用な方が多いので、医療系も他の国と比べたら圧倒的に技術があると思います。

よく、韓国やアメリカは整形大国と言われますが、整形技術に関しても日本が一番でしょう。

実は私、韓国と日本でプチ整形をしたことがあるんですが、日本で受けた治療の方が圧倒的に良かったです。費用は日本の方が高くなってしまいますが、体の事なので費用よりも結果が大事ですからね。

結果的に、こちらでお金を借りちゃいましたが…整形ローン

でも、日本の医療技術は本当に高いな!って思いましたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です